「売れない!」と思ったときのヒント

あなたの家や土地が売れないのには理由があります。

不動産売却の成功事例や失敗事例、「売れない」理由と対処法に関する記事を紹介します。ぜひ、売却活動にお役立てください。

「売れない」ときにこそ読みたい成功例と失敗例

不動産(マンション・家)売却における10件の失敗談を紹介します。不動産は買うことより売ることの方が難しいといわれています。不動産売却の失敗事例から、どのような失敗だったのか、失敗の原因は何だったのか、失敗しないための対策はあるのか、という点について解説していきます。
「家や土地の売却に成功した事例を知りたい!」 不動産の売却方法に悩んでいる時、成功例からなにかヒントを得たいものですよね。 ...
人生の中で、マンションを売却することはそう多くはないでしょう。 普通の人は1回、多くても2回あるかないかではないでしょうか。 にもか...

「売れない」理由と対処法

家が売れない理由とその対処法を紹介します。一戸建ての平均売却期間は11ヶ月、マンションは6ヶ月かかります。売り出してから6ケ月以上過ぎると、「古い物件情報」と見られるようになり、買い手から敬遠されてしまいます。そうなる前に売り出し価格の値下げや不動産業者の再選定などを検討しなければなりません。
土地が売れない理由ごとに最適な売却方法を解説します。売れない土地をそのままにしておくと、維持管理費やご近所トラブルなどデメリットしかありません。相続などで所有した土地であっても、活用方法が見いだせないのであれば早急に処分した方がよいでしょう。
家(マンション・一戸建て)売却において、内覧は成約のカギを握るプロセスです。内覧を成功させるにはコツがいくつかあります。内覧でとくに見られる所は玄関、リビングルーム、キッチン、水回り、バルコニーなので、売るためには事前に清掃しておく必要があります。
「ホームステージング」をご存知ですか? 日本ではまだ認知度が低いですが、中古住宅の流通が進んでいる欧米では、住宅を売却する際に当たり前...
あなたは「買取保証」というシステムをご存知でしょうか。 不動産を期限までに確実に売却して、現金化したい人には有効なシステムであり、とく...
家や土地は一千万円単位の高額な商品でありながら、売る機会は一生に一度あるかないかです。ほとんどの方は初心者ということになるでしょう。 ...
不動産をいざ売却するとなると、悩ましいのがパートナーとなる不動産業者選びですよね。 不動産業者とひとくちに言っても、たくさんの業者があ...
不動産を売却するときには、仲介業者に購入者を探してもらうのが一般的です。 しかし、依頼した不動業者との相性が悪く、仲介業者を変更したいと思...
不動産業者が売買契約を成約させた場合、売り主は仲介手数料を払います。もうひとつ、買主が不動産業者に支払うものもあります。両方とも仲介手数料ですが、支払う人が違うだけで売却価格によって計算され、法的に「上限」が定められています。
不動産が売れないとき、もっとも大きな原因は物件そのものにありますが、売主さんに問題があるケースも少なくありません。 そこで今回は、不動...

ケース別「売れない!」ときの売却対策

定期借地権のマンションが売れないとお困りではありませんか?たしかに売れにくいですが売却方法がないわけではありません。この記事では定期借地権マンションが売れにくい理由、アピールポイント、購入可能性のある買い手などを解説します。ぜひ売却活動にお役立てください。
家や土地を売却する際には、その物件のエリアが市街地調整区域かどうかを確認する必要があります。市街化区域と異なり建物建築には強い制限があり住宅ローンを組みにくいため、売買は活発とは言えず、市街化調整区域の家や土地を売るのは容易ではありません。
中古の二世帯住宅は売れないと言われています。二世帯住宅には、完全同居型、部分共有型、完全分離型の3タイプがあります。完全分離型は比較的売りやすいでしょう。売却を成功させるには、価格を下げる、リフォームする、シェアハウスや民泊として売るなどの工夫が必要です。
「中古マンションがなかなか売れないんだが、理由はなんなんだろう?」 「マンションを売れるようにするには、どうしたらいいのかな?」 ...
山林の売却にお悩みではありませんか?測量コストが割に合わないため公簿売買が一般的だったり、立木部分には山林所得がかかるなど税金面でも注意点があります。記事では、山林の売却方法、価格相場、税金、注意点などを解説しますので確認しておきましょう。
農地を売却するには、一般的な土地とは異なる手続きが必要です。農地は農地法によって、自由な売買を規制されているからです。農地売買に必要となる手続きや注意点、価格相場、税金などについて確認しておきましょう。農地法を理解し、手続きにあたって不備がないように取引を進めてください。
雨漏りしている家を売却する方法にお悩みではありませんか?売却の際には、告知義務と瑕疵担保責任に注意しましょう。売却方法には、現況のまま修繕費用分を値引きして、修繕してから、現況有姿で何もせずに、解体して更地として売却の4通りがあります。売却方法にお悩みの方は必見です。
古家付き土地の売却にお悩みではありませんか?古家が建ったままか更地にしてから売却するべきか判断が難しいですよね。本記事では、古家付き土地の3つの売却方法と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。古家付き土地の売却を検討中の方は必見です。
「住宅ローンが残っている家の売却は、どうやったらいんだろう?」 マイホームの売却を検討していると、どうしても気になりますよね。 ...
再建築不可物件は、その特殊性から不動産物件の中でもとくに売却しにくいといわれています。じつは、全国でも再建築不可物件がもっとも多いのは東京です。売却価格は相場の6割~7割程度を一つの目安にしますが、3割~5割程度になることも珍しくありません。

 

不動産一括査定サービスの利用も忘れずに!

価格査定と不動産会社探しには、複数の会社にいっぺんに査定依頼できる不動産一括査定サービスが便利です。
 
一般的な家や土地なら、大手不動産ポータルサイトのHOME'Sの一括査定で問題ありませんが、その他の物件に関しては、「物件タイプ別不動産一括査定サービスの選び方」をご確認ください。

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローはこちらからどうぞ!