相続・代理一覧

相続した不動産や、所有者が高齢で代理で売却する場合に役立つ情報をまとめています。相続から売却・分割までの流れや代理で売却する手順などをしっかり確認しておきましょう。

不動産(土地や家)を代理人として売却する方法と押さえておきたい注意点

不動産の所有者本人が売却手続きを行えない場合、代理人を立てて売却を進めるという方法があります。代理人は、与えられた権限の範囲内で契約手続きなどの法律行為を所有者本人に代わって行うことができ、代理人が行った行為の責任や成果はすべて委任した所有者本人に帰属します。

土地の一部を分筆して売却する方法

土地の一部を分筆して売却するにはどうしたらよいのでしょうか?この記事では分筆の方法と注意点、確定測量の方法や費用、土地の一部を売却する方法や手順、3,000万円の特別控除を受けるための条件などについて解説します。分筆を検討中の方はぜひ参考にしてください。

家を解体して土地だけ売却するべき?更地にする6つのメリットと6つのデメリット

古家付きの土地は、建物を解体して更地で売った方がよいのか、そのままで売却した方がよいのか悩ましいところです。更地にすることには、流動性が高まるといったメリットの反面、家の解体工事に費用がかかるといったデメリットがあるので、事前によく検討する必要があるでしょう。

共有名義の土地を売却する3つの方法と5つの注意点

相続などで取得した共有名義の土地(不動産)を売却する方法には、「自分の持分だけ売却する」「分筆して売却する」「売却して持分割合で分ける」があります。土地を売る時の注意点は、経費の分け方や税金、換価分割、贈与に当たる無償での名義変更、抵当権の問題などがあります。