ハウスメーカーごとに注文住宅の費用が分かるシミュレーション

ハウスメーカーごとに注文住宅の費用が分かるシミュレーション注文住宅

「注文住宅の費用がどれくらいになるのか、事前にシミュレーションできないかな?」

人生でもっとも高額な買い物とも言えるのが家づくり。一体どれくらいの費用がかかるのか、あらかじめ知っておきたいですよね!

そこでこのページでは、注文住宅の延床面積を入力すると自動的にハウスメーカーごとの建築費用が分かるシミュレーターを用意しました。

また、家づくりに必要なのは住宅本体の建設費だけではありません。あとで思わぬ出費に困らないよう、他にどのような費用がかかってくるかについても解説していきます。

ぜひ、あなたの家づくりの費用シミュレーションにお役立てください。

【無料】タウンライフ家づくりから一括資料請求してみる
スポンサーリンク

ハウスメーカーごとに費用が分かる【注文住宅建築費用シミュレーター】

ハウスメーカーごとに本体工事費と費用総額が自動的に算出されるシミュレーターです。

下記空欄に希望の延床面積の坪数を入力(半角数字)してみてください。「工事費目安を表示」をクリックすると、一覧表に工事費目安が表示されます。

本体工事費はハウスメーカーによる注文住宅本体の建築費用で、家づくり総費用はこれに付帯工事費と諸費用を加えたものです。※あくまでも目安です。

ハウスメーカー工事坪単価本体工事費家づくり総費用
積水ハウス坪50~80万円

大和ハウス坪40~80万円

へーベルハウス(旭化成ホームズ)坪70~80万円

セキスイハイム(積水化学工業)坪65~75万円

ミサワホーム坪65~75万円

三井ホーム坪55~80万円

パナソニックホームズ坪70~80万円

住友林業坪60~100万円

一条工務店坪55~70万円

タマホーム坪30~45万円

注文住宅の総費用

注文住宅の総費用

上記『注文住宅建築費用シミュレーター』では、本体工事費と費用総額が算出されましたが、なぜふたつの費用に違いがあるのでしょうか?

じつは住宅メーカーに建物本体を建ててもらうだけでは、家づくりは完成しません。

なぜなら、敷地の整備や各種手数料、登記費用、税金など、家づくりには建物本体の建築費以外にも様々な費用がかかってくるからです。

私の友人にも、「◯◯万円で夢のマイホーム!」という謳い文句を真に受けたばかりに、後になって「家づくりって建築費だけじゃないじゃん!」なんて焦りまくってた人がいました。

そんな目に合わないよう、家づくりの費用について、よく確認してください。

注文住宅を建てる際の総費用の内訳

注文住宅の総費用の全体像

注文住宅を建てる際に、建物本体の工事費の他にどれだけの費用がかかるかはケースバイケースですが、おおむねこの程度の割合と考えてください。

本体工事費:付帯工事費:諸費用 = 7:2:1

さらに土地も新たに用意する場合には、これらに加えて土地購入費も必要になります。

ここからは、本体工事費、付帯工事費、諸費用の具体的な内容について、もうすこし詳しく説明します。

注文住宅の本体工事費とは?

注文住宅の本体工事費とは、家そのものを建てるための費用のことで、ざっくり「坪単価×延床面積」で算出できます。総費用に占める割合は70%~80%程度

住宅メーカーの建築費とはこの本体工事費のことであり、付帯工事費や諸費用は基本的には含まれていません。

本体工事費の具体的な内訳はおもにこのようなものです。

費用内容
仮設工事費仮設の足場や電気、水道、トイレの設置、清掃片付けなどの費用
基礎工事費住宅の土台となるコンクリートの部分をつくる工事費用
木工事費木造住宅における大工仕事の費用で、工事費の中で最も大きな割合を占める
内装工事費建物内の壁、床、天井などの仕上げや装飾の工事費用
外壁工事費外壁の施工や塗装などの仕上げ工事の費用
屋根・板金工事屋根の瓦や、雨どい、水切り等の取り付け工事費用
左官工事費モルタルや壁土などで壁や床の下地を造り、仕上げていく左官工事の費用

坪単価で比較する際の注意点

本体工事費は「坪単価×延床面積」で算出できるということは、「坪単価=本体工事費÷延床面積」ということになりますが、ちょっと注意しておきたい点があります。

坪単価の定義があいまいで、じつは住宅メーカーによって算出方法が違うケースが多々あることです。具体的には、本体工事費と延床面積の範囲が微妙に違ったりします。

<本体工事費の範囲>
雨戸やカーテンレール、照明器具などは追加工事扱いとして、本体工事費に含まれないことが少なくありません
<延床面積の範囲>
通常は延床面積に含まれないベランダやポーチといった箇所を含めた総施工面積を坪単価算出の際の分母にするケースは多いです。

住宅メーカーとしてはよりお得に見せたいわけですから、このように分子である本体工事費を小さく、分母である延床面積を多くすることで、坪単価を安く算出しようとします。

したがって、坪単価を比較する際には、メーカー間で単純比較できないことを考慮した上で、あくまでも参考値として見た方がよいでしょう。

注文住宅の付帯工事費とは?

付帯工事費とは建物以外にかかる費用のことで、駐車場や庭など建物まわりの外構工事やガス、水道などの引き込み、地盤改良工事などの費用のことです。

総費用に占める割合は15%~20%くらいですが、多めに見積もって20%ぐらいと考えておいた方が安全です。

付帯工事費の具体的な内訳はおもにこのようなものです。

費用内容
外構工事費駐車場や庭、門扉などの建物まわりの工事費用
解体工事費建て替えの場合は既存の建物の解体費用
地盤調査費土地の強度が家が立てられる状態か確認するための調査費用
地盤改良工事費家が立てられる状態にするための地盤強化のための工事
引き込み工事費用水道管やガス管、通信回線などを引き込む工事費用
造園工事費用庭の石垣や植栽などの工事費用
特殊設備工事太陽光発電や蓄電設備などを取り付ける場合の工事費用

注文住宅の諸費用とは?

注文住宅の諸費用とは工事以外に必要な費用のことで、住宅ローンの手数料や登記費用、各種保険料などがあります。諸費用込みで借入可能なローンも一部にはあるものの、基本的には現金で支払わなくてはなりません。

総費用に占める割合は通常は5%~7%くらいですが、不測の事態が起きることも想定して10%ぐらいを見積もっておいた方が安全です。

諸費用の具体的な内訳はおもにこのようなものです。

費用内容
住宅ローン手数料住宅ローンの借り入れや借り換えの手数料
登記費用所有権を得るための登記費用や司法書士への報酬
印紙税不動産売買契約書と工事請負契約書を交わす際にかかる税金
消費税土地は非課税で建物分の価格にのみ課税
引っ越し費用タイミングによっては仮住まい費用も必要
各種申請費用確認申請や優良住宅申請費用など
地鎮祭・上棟式費用工事開始時や棟上げ終了時などに行う儀式の費用

注文住宅の費用は複数の住宅メーカーに確認しましょう!

注文住宅の費用は複数の住宅メーカーに確認しましょう!

このように、家づくりには住宅メーカー(ハウスメーカー・工務店)に依頼する建物本体の工事費だけでなく、さまざまな費用が必要になってきます。

注文住宅に当てられる費用は予算の7割

一概にはいえませんが、おおむね総予算の7割くらいが注文住宅の建築費に当てられる費用と考えておくとよいでしょう。

なお、『注文住宅建築費用シミュレーター』を使うと、住宅メーカーごとにおおよその費用が分かりますが、同じメーカーでも建築費用には幅があります。

設計の複雑さなどによってコストの違いが生まれることもありますが、ひとつの住宅メーカーが価格帯の異なる商品を複数ラインナップしていることにも因ります。

したがって、『注文住宅建築費用シミュレーター』でおおよその相場感をつかんだら、実際に住宅メーカーに対して建築予算と家づくりの要望を伝えた上で、具体的なプランを提案してもらってください。

見積り依頼は必ず複数の住宅メーカーに!

ここで大切なのが、必ず複数の住宅メーカーにプランを請求することです。

住宅メーカーからはじめて提案してもらったプランは、キラキラして魅力的に感じてしまうものです。そのプランに惚れ込んで視野が狭くなってしまうことに要注意!

比較検討することで客観的な視点が身につきますので、決して複数社からの提案を受けることなしに家づくりを始めないでください。

とはいえ、一社ごとにコンタクトを取るのは手間と時間がかかってしまいますよね。

そこで、おすすめなのが『タウンライフ家づくり』のように複数の住宅メーカーに一括で資料請求できるサイトを使う方法です。今や注文住宅に限らず、資料請求は一括請求サイトを使うのが常識です。

注文住宅の一括資料請求サイトの中でも、『タウンライフ家づくり』は、カタログのみならず、オリジナルの間取りプランや資金計画、土地探しまで提案してもらえる唯一のサービスです。

複数のプランを比較検討するなら、『タウンライフ家づくり』を賢く利用するとよいでしょう。

【無料】タウンライフ家づくりから一括資料請求してみる

以上、ハウスメーカーごとに注文住宅の費用が分かるシミュレーション…でした。

注文住宅の一括資料請求サイトランキング
タウンライフ家づくり

全国600社以上の厳選された住宅メーカーが登録されており、カタログだけでなく間取りや資金計画、土地探しまで提案してもらえます。

◎簡単3分でネットから無料で一括依頼!
◎信頼と安心の大手ハウスメーカー31社を厳選!!
◎複数ハウスメーカーに間取りプラン、総費用について相談可!
◎累計利用者数112万人突破のタウンライフシリーズのサービス!
◎厳格な国家基準をクリアした信頼のある住宅会社のみを掲載!
◎毎月先着99名に『成功する家づくり7つの法則』を無料プレゼント!

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

大手不動産ポータルサイトによるカタログ一括請求サービスで、検索機能が充実しており、使い勝手がよく気軽に使えます。

◎全国から無料でハウスメーカー、工務店のカタログを請求可!
◎大手不動産ポータルサイトによるカタログ一括請求サービス!
◎住宅カタログの掲載数は1,230件と充実!
◎坪単価、価格帯、階数、デザイン、工法などの条件から検索可!
◎東証一部上場企業である株式会社LIFULLが運営!
◎ZEH、バリアフリー、輸入住宅などさまざまなこだわりから選択可!

SUUMO(スーモ)
SUUMO(スーモ)

大手不動産ポータルサイトによるカタログ一括請求サービスです。ハウスメーカーや工務店の登録数が充実しています。

◎価格帯や広さ、テイストなどのこだわりから住宅メーカーを検索!
◎価格相場の比較やイベント情報のチェックも可!
◎地域、価格帯、ライフスタイルなどで絞り込みも可能!
◎家づくりのお役立ち情報満載!
◎モデルハウスや実例など施工会社の詳細情報も充実!
◎東証一部上場のリクルートグループの企業が運営!

持ち家計画

ハウスメーカーや工務店にカタログ請求や相談・見学の申込みがかんたんに行なえます。他サイトでは選べない業者が見つかることも。

◎利用実績2万件以上!
◎省エネ・エコ、高気密・高断熱など、さまざまな条件で絞り込み可!
◎住宅メーカーごとに「相談・見学」と「カタログ請求」を選択可能!
◎具体的な要件が固まっていなくても簡単にカタログ請求可!
◎信頼性の高いハウスメーカー・工務店を厳選!
◎家づくりに関するお役立ち情報が充実!

注文住宅
スポンサーリンク
土地活ナビ編集部をフォローする
土地活ナビ | 土地活用と不動産売却の成功法則
タイトルとURLをコピーしました