土地活ナビ一覧

一般媒介と専任媒介の違いとは?メリット&デメリットから考える選び方のポイント

不動産業者に売却を依頼する際の媒介契約には、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類があります。レインズ登録義務や自己発見取引の可否など、それぞれの違いとメリット・デメリットをよく確認し、物件に最適な媒介契約を結ぶことが売却成功につながります。

不動産を早く売りたい!家やマンション、土地を早く売るために押さえておきたい6つのポイント

不動産を早く売りたいのであれば戦略的に動く必要があります。具体的には、一般媒介契約で2社に競わせる、不動産会社に「買取」してもらう、内覧対策で印象アップ、一番最初の購入希望者に売る、といったポイントを押さえることが家を早く売ることにつながります。

土地の有効活用15の方法!種類ごとのメリット&デメリット(リスク)は必見!

土地活用の種類ごとにメリットやデメリット・リスクなどを詳しく解説。アパート経営、マンション経営、戸建賃貸、賃貸併用住宅、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、コンビニ、オフィスビル・商業ビル、駐車場、太陽光発電、トランクルーム、定期借地、土地信託、等価交換、自宅・セカンドハウス・別荘、売却など。たとえばコンビニなら120坪以上あれば検討可能な土地活用です。

土地活用14種類を徹底比較!収益性、リスク、節税効果、必要資金、維持費、転用性など、目的ごとに最適な方法をご紹介

14種類の土地活用を収益性、リスク、節税効果、必要資金、維持費、転用性の6つの基準で比較して、目的ごとに最適な土地活用を紹介します。たとえば、収益性ならオフィスビルなど、リスクの小ささなら駐車場や定期借地など、節税効果ならアパマン経営、戸建賃貸などが最適でしょう。